迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールにも歴史がある

迷惑メールが世の中にどのような方法で広まっていったのか、その「歴史」について調べてみました。

 

そもそも迷惑メールを「迷惑」と思うかどうかは人によってちょっと違っていて、そのメールに添付されていたファイルを開くとウィルスに感染してしまうようなメールは間違いなく迷惑メールと言えますが、宣伝目的程度ぐらいのメールでならばそんなに迷惑とは思わないという人達もいるでしょう。

 

ですからそのようなメールもたくさんあるわけですが、この宣伝目的で大量に送られるメールを迷惑なメールとするならば、その「一番初めの迷惑メール」はどんなメールだったのでしょうか?

 

ディジタルイクイップメントコーポレーション、通称DEC(デック)というパソコンメーカーの営業部門から、1978年に新製品を宣伝する内容のメールが大量に発信され、これが迷惑メールの第一号だとされています。

 

しかし「大量に送られた」といってもたかだか400人未満の数でした。

 

現在の送信数と比較すると本当に規模が小さいと言えますが、全く知らない人に無許可でメールを送りつけるのはやはり確実に迷惑なメールだったと言えます。

 

そして大量のメールを送りつける現在の迷惑メールの姿へと発展していくのですが、ほぼ今の形になるのは、日本では松本サリン事件が発生した1994年に、米国のアリゾナ州のとある弁護士事務所から事務所の宣伝メールが大量に送信されました。

 

このメールの方が人々の迷惑感情が強かったため、迷惑メール第一号はこちらだとする説もあります。

迷惑メールにも歴史がある関連エントリー


迷惑メールにも歴史がある

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。