迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールの仕組み

迷惑メールがどうして自分宛にこんなに送信されてくるんだろう…、と考えてみたことはないでしょうか?

 

迷惑メール業者はもちろん、営利目的として送ってきています。

 

中には、単なる悪戯目的とか、嫌がらせ目的の迷惑メールもありますが、大部分はやはり利得を目的としています。

 

迷惑メールはその利益を得るために使用するわけですが、電子メールですから郵送料金が必要なダイレクトメールと違って大変低コストで済むのです。

 

ですが、1通の迷惑メールから利益が発生する確率もまた非常に低いともいえます。

 

なので、利益を出すためには大量に送らなければいけません。

 

また不可欠なものとして、送信するためのアドレスが必要です。

 

サイトからアドレスのみを抜粋してくる専用のソフトを使用して、ホームページや会員登録とかアンケート参加や懸賞応募などから「アドレス収集」をします。

 

また、収集したアドレスを業者に売買することを専門にして利益を貰っている人間もいます。

 

ここで押さえておくことは、あんまりアドレスを入力しない心構えが必要だということですね。

 

しかしそのようなアドレス収集法のみではなく、ディクショナリーアタックと言ってアドレスに使用しやすい言葉や文字を辞書にして、プロバイダーのドメインや企業、アドレスのパターンも辞書にして、それを交ぜて作ることで「どこかにありそうなアドレス」を作って大量送信する方法も存在します。

 

実際には使われてないアドレスでもお構いなしに迷惑メールを送り、もし存在するアドレスが見つかればラッキーといったような送信方法です。

 

ここで押さえておくことは「解りやすくて短めのアドレス」は使わない方が安全である、ということでしょう。

迷惑メールの仕組み関連エントリー


迷惑メールの仕組み

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。