迷惑メールの知っておきたい対策術

ゾンビパソコンが中継する迷惑メール

法人向けのウィルス情報の提供やウイルス対策ソフトウェアの開発をする、英国のソフォス(SOPHOS)という会社が調べたところによると、「迷惑メールを最一番多く送信した国」はアメリカだそうです。

 

2007年による「スパム送信国(中継国)ワースト12」とは、アメリカ、韓国、中国がワースト3だったようです。

 

米国は全体の28.4%で2位の韓国5.2%や3位の中国4.9%を大幅に突き離しています。

 

要するに、世界における迷惑メールの28.4%のものがアメリカ国内にあるコンピュータを中継して送られているということです。

 

このアメリカ国内の中継コンピュータの大部分は、「ボット」というウィルスに感染していて邪心がある加害者の思う通りに操られて迷惑メールを送ってしまう「悪人に乗っ取られたパソコン」なんだそうです。

 

この乗っ取られたコンピュータのことを「ゾンビ・パソコン」と言います。

 

そのパソコンを使用してユーザーは自覚がない間に迷惑なメールを送信していることになります。

 

「ボット」ウィルスに感染させて抑え込んだら遠隔操作ができるようにして、メールを送信するソフトをインストールしてそこから迷惑メールを可能なだけ送信していくわけです。

 

少し前まではゾンビパソコンは国外にあると思われていましたが、日本にも1万台以上も存在すると警視庁は公表しています。

 

あなたのパソコンをゾンビパソコンにしてしまわないためには、どのようにしてもウィルス感染には気をつけることです。

 

Windows Updateの実行、ウィルス対策ソフトの導入、迷惑メールへアクセスしたり添付ファイルを開けたりしない、などが対策となります。

 

ゾンビパソコンになってしまうと、パソコン内部の情報を取り出されたりもします。

ゾンビパソコンが中継する迷惑メール関連エントリー


ゾンビパソコンが中継する迷惑メール

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。