迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールと判定されないために〜件名〜

迷惑メールに嫌気がさしている人からすれば、自分の送信したメールがまさか迷惑なメールとして区別されているとすればビックリするでしょうが、実は誤解される危険性は意外と多いようです。

 

これが万が一ビジネスの場で起こってしまったとすれば事態は深刻ですので、今回はビジネスメールを対象にして説明します。

 

プライベートメールの場合でも基本的には同じと考えてください。

 

まず大事なのが「件名」です。

 

この件名を空白のままにしてメールを送信してはいないでしょうか?

 

件名には、社名・送信者の名前・要件などを書いておきましょう。

 

迷惑なメールに間違われないようにするだけでははなくても、件名を見ただけで内容が分かるのはビジネスメールとして重要なことです。

 

この件名を空白にしていると迷惑メールに間違われる危険性は多くなります。

 

ですがだからといって何かを書き込まなければと、「こんにちは。」とか「その後いかがお過ごしですか?」などと入れるとこれがまた迷惑メールと判断される原因になるかもしれません。

 

あなたのところに受信される迷惑メールの件名をご覧ください。

 

「こんにちは。」なんていう挨拶系の件名が多くないでしょうか?

 

挨拶系ではなくても「度々すみません」とか「急ぎの報告です」などといったものも迷惑メールの件名によくあるパターンです。

 

「先日は有り難うございました。」などとあれば、つい開いて確認したくなりますよね?

 

このように言葉巧みな件名を付けてくるのです。

 

ならば一体どのような件名なら迷惑なメールに誤解されないかと悩みますが、会社名、相手の名前、具体的な用件などをきちんと入れるのが的確でしょう。

 

ですが、ご存知かもしれませんが迷惑メールの件名には女性名がたいへん多いので、そのことについてもご注意ください。

迷惑メールと判定されないために〜件名〜関連エントリー


迷惑メールと判定されないために〜件名〜

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。