迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールと判定されないために〜その他〜

あなたの送信したメールが迷惑メールと判断され、選別されていたとしたら落ち込んでしまうことでしょう。

 

さらにそれがビジネスの場面で起こっていてはショックだけでは終わりません。

 

迷惑メールに判断されないためにはどのようにしたらいいのかについて思案してみましょう。

 

よく迷惑メールと誤解されないためには「平凡なメール」で送ればいいなどと聞きますが、それは「迷惑メール風のメールではないメール」を送ればよいということです。

 

では「迷惑メール風のメール」とはどんなメールでしょうか?

 

そこの要点を理解して、それとはできるだけ違うメールを作ることに意識するといいでしょう。

 

ここではいつもうっとうしいと思っている迷惑メールが参考材料として役に立ちます。

 

迷惑なメールは送るのに無料アドレスが使用されているのが多いですよね。

 

そうなると、特にビジネスメールの場合には無料アドレスで送信してはいけないということです。

 

迷惑メールの送信者名を確認してみましょう。

 

極端なほど女性名とかの愛称が多いです。

 

このことから「佐藤美加」だの「エリカ」だのといった送信名は危ないというわけですね。

 

ビジネスメールであるならば「○○株式会社 佐藤」などと入れるのが無難といえます。

 

使用される言葉にも特徴が感じられます。

 

その手のメールの本文を確認すると「!」が頻繁に使われていることが分かります。

 

アダルト系や出会い系への誘導リンクが含まれているような迷惑メールには、ご存知のようなイロイロな言葉が載っています。

 

「アポ」などの省略語もそれだけで使用するはやめるべきです。

 

飾り罫線が多いとか、顔文字が多いとかの特徴もあります。

 

要するに、それらはできるだけ使用しないのが安全ということです。

迷惑メールと判定されないために〜その他〜関連エントリー


迷惑メールと判定されないために〜その他〜

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。