迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールとSPAM缶詰

迷惑メールのことをスパムメールとも言いますが、そもそもスパムには「迷惑」というような意味はありません。

 

それならばスパムという言葉がどうして「迷惑メール」の通称となったのでしょうか?

 

スパムと聞くと携帯やパソコンの迷惑なメールを思い浮かぶ人と、沖縄料理などで使われる豚肉加工缶詰を思い浮かべる人とがいるかもしれません。

 

沖縄料理のゴーヤチャンプルーには豚肉を使用するよりもこのスパムを使う方が多いそうです。

 

ちょっと見たところ何の関係もなさそうなこの迷惑なメールと豚肉加工缶詰ですが、実はスパムメールのスパムはこの缶詰のスパムから来ているのです。

 

英国のコメディ番組で放映された有名なコントに、レストランにやってきた夫婦がオーダーしようとすると近くにいたテーブルのグループが「スパム、スパム、スパム」と歌いだし、つられて店員も「スパム、スパム」と叫びだし、最終的にその夫婦もスパムをオーダーするという内容なのですが、まったく食べたくないスパムを終始連呼される夫婦と、いらないメールを大量に送りつけられる迷惑メールの状態とを連想したためにスパムメールとなったと言われています。

 

迷惑メールをスパムという自社の商品名で呼ぶことを、スパム缶詰会社であるホーメルフーズ社は承諾しているようですが、迷惑メール対策ソフトを制作した会社がそのソフトの商品名にスパムを付けたことに対しては商標権侵害で告訴したということがあります。

 

商品名でスパムを使用してはいけないけれど、スパムメールという呼び方については許可したということのようです。

迷惑メールとSPAM缶詰関連エントリー


迷惑メールとSPAM缶詰

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。