迷惑メールの知っておきたい対策術

爆弾付きの迷惑メール

この「メール爆弾」という迷惑メールは典型的な嫌がらせ目的のメールと言えます。

 

たいへん暴力的で、個人を標的にするケースと国や企業の機関のネットワークを標的にしたケースとがあり、下記のようなタイプがあります。

 

・大容量の添付ファイルを付けた迷惑メールを送信し、相手がファイルを開いてしまうとメールボックス容量オーバーになってメールの機能が使えなくなる被害。

 

・ものすごい数の同じ迷惑メールを送りつけて、受け取った側が受信ボタンを押すとなんと何千通ものメールを受信してしまう被害。

 

・配信回数の多い人気があるメールマガジンなどへターゲットのアドレスを使って大量に購読申込みを行って事あるごとに大量のメールマガジンが送信されてくる被害。

 

個人を標的にする時の多くは、掲示板などで腹が立つことを書いているからいたずらしてやろうとか、悪口を書き込まれたので仕返しをする、ちょっとイラっとするやつについ悪ふざけで攻撃してしまう、などというケースもあります。

 

会社などを狙ったケースでは、リストラされた憎しみで勤務していた会社のサーバーを攻撃する、などのケースもあります。

 

要するにこのメール爆弾は、相手のネットワークとかサーバーを機能できないようにしてやろうとか、個人がターゲットの時では相手にメンタル的なダメージを長期間与えて続けてやりたいなどの理由で、メール爆弾ツールを使用して大量送信してくるのだろうと思われます。

 

被害に遭ったらプロバイダーの相談窓口やサポートに相談してみましょう。

 

または送信元のヘッダ情報を得て相手のプロバイダーの管理者にクレームをしましょう。

 

ですが直に返信することは絶対にしないでください。

 

暴力的な相手からの迷惑メールに返信しては、ダメージが大きくなる恐れがありますからやめましょう。

爆弾付きの迷惑メール関連エントリー


爆弾付きの迷惑メール

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。