迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールの種類

迷惑メールと言えば、宣伝目的でクリックさせるメールを示すことが多いのですが、その他にも何種類かの手段を使った迷惑なメールがあります。

 

例にあげるとこのようなメールを受け取ったことはないでしょうか?

 

「先日は楽しかったですね。

 

また今度、暇な時に会いませんか?」

 

メールには宣伝文句もなく、クリックするところもありません。

 

「…ということは迷惑メールじゃなく、これは誰か自分の知っている人から来たメール?」と思って「誰?」などとメールを返しててしまうと、当たり障りのない返事と一緒にURLの仕込まれたメールを送信してくるわけです。

 

要するに「返信させるのが目的の迷惑メール」なのです。

 

2通目のメールを読んで変だと思わずにクリックする率はかなり少ないのですが、それよりも「返信した」ことであなたのメールアドレスが使用中のものであることを相手は確認し、それを他の業者に転売して利益を得ることがあります。

 

このように「返信させる」とかまたは電話番号を記載して「電話させる」形式の迷惑なメールなどもあります。

 

その他に、「○○株は△月△日に株価が上がります」という情報をたくさん流しておいて、全然人気のない低価格の○○株をたくさん買います。

 

大量買いをして株価が暴騰したため、「情報は本物だ」と信じてその株を買う人たちが多数出てきます。

 

このようにして株価操作をしてタイミングを計って「売り抜け」をして儲ける、というのが狙いです。

 

すなわち、メールを使用して巧みに仕組んだ情報を流して利益を手に入れるタイプの迷惑メールです。

 

迷惑メールには、以上のようにクリックさせる、返信させる、電話させる、情報を流してアクションを起こさせる、などのタイプがあります。

 

受信した側としては、その手に引っ掛からないように「何もしない」ことが大事です。

迷惑メールの種類関連エントリー


迷惑メールの種類

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。