迷惑メールの知っておきたい対策術

子どもを迷惑メールから守る

迷惑メールに関して未成年は認識が低いことは人生経験が乏しいことからいっても仕方のないことです。

 

中でも携帯メールについてはパソコンメールにあるようなフィルタリング機能がありませんのでその辺の注意が必要です。

 

ですので保護者など大人がちゃんと子どもにメールへの取り扱いについて教えてあげるべきです。

 

・不審なメールは送り返さないこと、削除すること、添付ファイルを開かないこと。

 

・メールをするだけの友達には個人情報を教えないこと。

 

・アダルト系や出会い系サイトにはアクセスしないこと。

 

・お金を請求してくるメール、脅迫してくるメール等やその他の不審メールが届いたら両親などの大人に知らせること。

 

ここに挙げたようなことは最低でも知っておかないといけない決まり事として教えることが必要です。

 

そしてどんな被害が実際に起こっているかということも一緒に説明する方が良いでしょう。

 

・アダルト系サイト等にアクセスすると高額な請求を受ける場合があること。

 

・出会い系サイトへのアクセスで犯罪に巻き込まれる危険があること。

 

・宣伝メールを真に受けて信憑性の薄い商品を購入したりすると、未承認の違法薬物や違法ソフトなどを購入してしまう場合もあること。

 

また子どもの世界で浸透しやすい迷惑メールの中に「チェーンメール」という存在があります。

 

チェーンメールの内容も以前と比較したらもっと巧妙で魅力的になっていっています。

 

子どもにとってはこれが信用できない迷惑メールであると区別することは困難かもしれません。

 

迷惑メールが場合によって大変なダメージを人に与えることを認識させて、自分が加害者側になることのないよう言い聞かせましょう。

子どもを迷惑メールから守る関連エントリー


子どもを迷惑メールから守る

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。