迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メール対策〜フィルター機能〜

いま一番利用者が多いと言われるOutlook Express(OE)を使って説明します。

 

メールフィルターは不審なメールを受信すると「迷惑メールフォルダ」に移して普通の正常なメールと分けてくれます。

 

この振り分け作業のことをフィルタリングと言います。

 

利用者側とってはメールチェックが簡単になりますから重宝しますが、普通なら正常とされているメールがまれに迷惑メールフォルダに入ってしまったりするので、100%信用するわけにもいかないのが現状です。

 

OEでは、このメールフィルターは既に有効となってフィルタリングを行ってくれますが、その時フィルタリングする判定基準は「低」になっています。

 

これは「どう考えても迷惑なメールだ」と判断されたメールを振り分けてくれるというレベルです。

 

そこでレベルを「高」に設定し直したとします。

 

すると前述したような「正常なメールまで迷惑メールフォルダに移動して見逃してしまい困った」ということも多くなることでしょう。

 

要するに、迷惑メールフォルダをチェックしないで全て削除するのは不安になってしまいます。

 

フィルター機能は2種類存在します。

 

・ルール型フィルター:ユーザーが迷惑メールと判断するルールを設定してそれに従って振り分けていくタイプです。

 

・学習型フィルター:過去の迷惑メールの特徴を分析してそれを基準に判断して振り分けていくタイプです。

 

もっとも利用者が多いOEはルール型フィルターの方に入りますが、最近の巧妙な迷惑メールへ対処するには少し使い難くなっているのが実情といえるでしょう。

迷惑メール対策〜フィルター機能〜関連エントリー


迷惑メール対策〜フィルター機能〜

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。