迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールフィルター〜ルール型〜

無料のメールソフトOutlook Express(OE)は今一番多く使われています。

 

OEで組み込まれている迷惑メールフィルターは「ルール型フィルター」と言って、ユーザーが判断するルールを設定してフィルタリングされるタイプです。

 

ここではその「ルール型フィルター」に関して説明していきましょう。

 

プロバイダーのルール型フィルターの場合には、フィルタリングした後はサーバー上で迷惑メールを削除してくれますので、ダウンロードするメールの数が少なくなるのは気持ちいいのですが、OEのようなメールソフトの場合はパソコンで全て受信するので、何かあった時には確かめることができるところが安心とい言えます。

 

迷惑メールの送信業者はこのフィルターの目を欺いて送りつけることに必死になっていますので、本当に高度な方法を生み出して絶えず進化していってます。

 

なので巧妙になっていく手口に対してルール型フィルターだけでは対応していくのは不十分だというのが実際のところです。

 

ルール型フィルターは補助的なものだと思って「学習型フィルター」を利用するのが迷惑メール対策としておすすめです。

 

ルール型フィルターに迷惑メール対策の働きをさせるには労力もかかるため、そこは学習型フィルターにして貰うのですが、ルール型には以下の様な利用方法もあります。

 

例にあげれば勤務先のメールなどは、専用のフォルダを作って区別することができます。

 

OEでの設定は「ツール」「メッセージルール」「メール」の順番に進んでいって表示された設定画面で、仕事先の名称やアドレスなどをフィルターの条件にして、移動先を例えば「○○会社」というようにフォルダ名を付けておくと、そこからメールを受け取ったときに気付かないということもなく、迷惑メールフォルダに移動する心配もなくて便利です。

迷惑メールフィルター〜ルール型〜関連エントリー


迷惑メールフィルター〜ルール型〜

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。