迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メール防止法

迷惑メールを予防したり制止したりする法律があります。

 

正確には「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」と言いますが、一般で使われる呼び名は「迷惑メール防止法」と言われています。

 

大変に長くて暗記するのが難しそうですが少し短くして「特定電子メール送信適正化法」とかもっと縮めて「特定電子メール法」などとも言います。

 

しかし直接耳にするのは「迷惑メール防止法」でしょう。

 

こう考えると「迷惑メール」という言葉は「特定電子メール」が呼び換えられた言葉ということになります。

 

それでは「特定電子メール」とはどんなものでしょう。

 

これはビジネス目的で送信されるメールで、宣伝や広告などのためのメールを「特定電子メール」といいます。

 

特定電子メール=迷惑メール、だということです。

 

名前はなんであるにしてもこの法律は何のための法律かと言えば、短い時間の間に無作為に大量の広告や宣伝などを送ってくる迷惑なメールを妨げて、インターネットなどの環境を良い方向にもっていき、その快適な状態をキープするために制定されている法律です。

 

例えばどんなものがあるかその一部を見てみましょう。

 

・送信拒否した人にもう一度特定電子メールを送信してはいけません。

 

・偽造の電子メールアドレスを使用して送信してはいけません。

 

・送信者は、送信者についての情報をごまかして送ってはいけません。

 

ほんの一部分ですがこの様に規定されていて、それぞれ「違反すると…、」という文章が続きます。

 

たとえば上で述べた3件については、それぞれ違反すると行政機関の改善措置命令を受けることになることがあるとか、最後の送信者情報をごまかした場合などは、改善措置命令の他に罰金刑や懲役刑が課せられることもあるとなっています。

迷惑メール防止法関連エントリー


迷惑メール防止法

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。