迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メールを相談できるサイト

迷惑なメールに向かって抗議や問合せなどをしたくても返信してはいけません。

 

相手が利用できるアドレスだということを教えることになりますので、被害がなくなるどころか、さらにもっと多く届いてしまう状況になってしまいます。

 

迷惑メールについて「相談したい」「困っている」または「通報したい」時には下記のホームページが役に立つはずですので、その機関名と簡単な説明を記載しておきます。

 

・日本産業協会の迷惑メール情報提供受付…経済産業省の受託機関で、迷惑メールに関する情報提供を受け付けています。

 

この機関では個人に対して対応をすることはありません。

 

・迷惑メール相談センター:あくまでも情報提供だけの受付となります。

 

送信者に対しての何かの措置が与えられるわけではありません。

 

・インターネットホットラインセンター:この機関は違法なものや有害な情報に対する通報を受け付ける機関です。

 

情報提供を受理するとガイドラインに従って分析して、違反情報と断定した時はプロバイダや警察へ対応を委託する機関です。

 

違法とか公序良俗違反かどうかの断定に迷ったとしても、まずここに通報すればセンターの分析員が判断してくれます。

 

・「STOP!架空請求」:東京都のホームページ、「暮らしと住まい」→「架空請求」から入れます。

 

迷惑メールがきっかけとなって架空請求の被害を被ることがあります。

 

最先端の手口や架空請求事業者名、警察その他の関連機関のリストなどを教えてもらうことができます。

 

実際に被害に遇ったら「消費者生活相談窓口」で相談するといいでしょう。

 

各地域の消費者生活相談窓口はネット検索で調べることができます。

 

携帯の迷惑メールの相談や通報はそれぞれのプロバイダーに窓口があるのでそちらで対処してもらえます。

迷惑メールを相談できるサイト関連エントリー


迷惑メールを相談できるサイト

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。