迷惑メールの知っておきたい対策術

知らぬ間に迷惑メール加害者に

あなたは自分が迷惑メールの被害者のつもりだったのに実は迷惑メールを送信する側の加害者でもあったなんてことが実際にあるかもしれません。

 

例にあげると、「チェーンメール」なんかは知らない間に加害者になって迷惑メールを送信してしまう分かりやすいケースと言えます。

 

「この子猫の里親さんを探しています。」など記されたチェーンメールを人助け&猫ちゃん助けと思って何人がに転送したところ、その中の1人が飼痛いと思って、メールに書かれてある電話番号に連絡したところ、その後訳のわからない電話が毎日大量にかかってきて、精神的にも大きな被害を受けたというようなケースがあります。

 

このようなケースでは、チェーンメールを転送した人は良い事だと思って行っているので、電話を掛けた人に対しても悪意などありません。

 

でも迷惑電話の被害を受けた人の立場で考えてみればやはり「加害者」ということになります。

 

チェーンメールを転送した瞬間から自分も迷惑メールの加害者に変わってしまうことを認識して、転送して迷惑をかけることはやめましょう。

 

全然意識がないまま加害者になってしまうケースとして、「ボット」というコンピュータウィルスに感染してしまい、他の感染したものすごい数のパソコンと一緒に迷惑メールの大量送信や、一同に不正アクセスするなどの被害に遭わせてしまうケースです。

 

このボットウィルスにかかったパソコンから遠隔操作でユーザーの知らない間に迷惑行為をしてしまう様子が、悪人にリモコンでコントロールされて犯罪を犯すロボットに似ているため「ボット」という名づけられたそうです。

 

セキュリティ意識を高めることや怪しいメールや添付ファイルを容易に開けない、などの注意が第一に必要です。

知らぬ間に迷惑メール加害者に関連エントリー


知らぬ間に迷惑メール加害者に

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。