迷惑メールの知っておきたい対策術

ネットカフェにも迷惑メールの原因が

迷惑メールがを受信してしまうそもそもの原因はアドレスが知られているというところにあります。

 

ですが実際には「アドレスを知られた」と言うよりも、いろいろな組合せででたらめに作られたアドレスの中に偶然あなたのアドレスが当てはまってしまった、ということも多いのが実際のところです。

 

これは携帯メールで受信する迷惑メールによくあることのようです。

 

パソコン等のメールアドレスが知られてしまう原因は、ホームページ等からアドレスのみを抜き取られたとか、掲示板、会員登録、アンケート参加などアドレスをなにかの時に記入したからこそ「アドレスを知られてしまった」わけです。

 

なのでアドレスを自分から記入しなければ100%とは言えないまでも、迷惑メールを送りつけられる被害は減少できるでしょう。

 

自己防衛として認識して欲しいのですが、「ネットカフェ」を利用したことが原因でアドレスが知られてしまうケースもあるということを知っておきましょう。

 

あなたがネットカフェを出た後にも、パスワードや履歴情報などの文字情報はそのままになっていて、邪な考えがある人がその気になれば容易にそれらの個人情報は盗まれ、迷惑メールやその他のことに利用されてしまうことがあります。

 

ですのでネットカフェを利用する時には下記のことに注意しなくてはいけません。

 

・ログインしたら絶対ログアウトすること。

 

・ログインIDやパスワード等の保存はしないこと。

 

要するにあなたがそのパソコンで使った個人情報をそのままにはしない、と覚えておきましょう。

 

煩わしいなどとは思わないで、ネットカフェを使った時でも、普段からそのように注意していれば習慣になって、後で嫌な思いをせずに済むので是非実行してからお店を出るようにしましょう。

ネットカフェにも迷惑メールの原因が関連エントリー


ネットカフェにも迷惑メールの原因が

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。