迷惑メールの知っておきたい対策術

迷惑メール関連ニュース

迷惑メールが原因となって起きたニュースを数件ご紹介したいと思います。

 

・スパイシーハムの缶詰を製造しているホーメルフーズ社が、自社のスパイシーハム缶詰の商品名の「spam」が迷惑メールのことを表しているが一般的になっているのを止めさせようとキャンペーンをしたり、OHIM(欧州共同体商標意匠庁)に提訴したりしてきましたが、OHIMでは、グーグル等でspamを検索してみると、スパム缶詰ではなくスパムメール関連のヒット数の方がはるかに多かったことなどを根拠としてその訴えを退けたというニュースがあります。

 

・中国の黒龍江省にあるビルの一室に128台のパソコンを構え、日本国内から遠隔操作をして2006年の7月と8月の2ヶ月の間、一日に約9千通、合計で54億通という桁外れの量の迷惑メールを携帯メールやパソコンに送信したとされる出会い系サイトの運営会社の社長等4人を、特定電子メール送信適正化法違反容疑の罪で逮捕しました。

 

・オバマ大統領のノーベル平和賞受賞を報告するメールを送って、その本文の中で「オバマ大統領の受賞が納得できない人達が各地域で暴動を起こしている」とリンクに誘導し、開いてしまうとトロイの木馬ウィルスに感染してしまうという迷惑メールをセキュリティのマカフィが見るけたとのニュースがありました。

 

みんなが関心あるニュースを使って迷惑メールを送りつけ、不正ソフトウェアをダウンロードさせてしまう手口が多くなっているとマカフィは説明しています。

迷惑メール関連ニュース関連エントリー


迷惑メール関連ニュース

貴方のパソコンを守る対策術をご紹介します。